ドメインはどこで取得するべき?

グーグルアナリティクスとドメインのスペルでの流入

グーグルアナリティクスとは、アクセス解析ツールで時間ごとにサイトへ何ユーザーが訪問したか確認することができるツールです。アドワーズの機能を使えば、検索ワードのボリュームを調べることができ、現在でも非常に利用者の多いサービスとなっています。アナリティクスの機能を使えば、サイトへの流入状況や検索ワードを調べることが可能です。中古ドメインを活用するときには、前のリンクからの流入を調べてみるのもよいでしょう。URLのスペルで被リンクがある場合、ブランド名として活用していた可能性があります。ドメインスペルに各社のブランドを導入する会社は多く、そのような流入が多い=過去のリンクが生きている証明になるというわけです。
とはいえ注意しておきたいポイントがあります。それは、過去のリンクで飛んできたユーザーは直帰するということ。グーグルアナリティクスでは単純なアクセス数だけでなく、直帰率・滞在時間・閲覧ページ数などを見ることができます。直帰率が高まってしまうとこのサイトにはニーズにあった情報が掲載されていないと判断されるため、上位表示に悪い影響を与えるリスクがあるのです。
最初のうちは過剰に心配する必要はありませんが、サイトを作りこみ、あと1位だけ挙げたいというときには、滞在率・時間を延ばす仕組みづくりをする必要がありそうですね。
ドメインの流入には様々な可能性があります。リンクからの流入・検索による流入・直接入力による流入など上げればキリがありません。SEO対策において狙うのは検索による流入です。上位表示にはコンテンツやリンクなど様々な要因が求められるので、サイト運営をする場合は、両方を充実させるようにしてくださいね。